タイル剥落防止工法

タイル剥落

タイルが割れている

鉄筋コンクリート造りの頑丈な建築物でも、時間の経過とともに老朽化・劣化や汚れなどが目立つようになります。放置すれば雨漏りや外壁タイルの剥落などの現象を招き機能的にも支障をきたすようになり、資産価値をも激減させることになりかねません。

一部タイルが剥がれ落ちている

タイルの剥落は経年劣化だけではなく施工不良の可能性もあります。型枠剥離材の残留、目粗し不足、ドラ イアウト等々への対策不足かもしれません。目視で問題がなくても、内部で剥離や浮きが発生している場合 もあります。

タイルがハラミ(膨らみ)歪んでいる

建物を真横から見て、部分的な膨らみがあれば浮きの可能性があります。きっちり判断するには打診棒などで軽く叩いてみるといいでしょう。

タイル剥落

JKセライダー工法

短繊維を混入させた特殊アクリル樹脂「JKセライダー」と特殊アンカーピンで、タイル張り外壁を面で補強するタイル落下防止工法です。

アクリル樹脂だからこそ高い防水性と遮断性で外壁劣化を防止し、建物の長寿命化に貢献します。皮膜は無色透明で、タイル仕上げの高級な風合いをそのまま生かし、美しく維持することができます。

また、地震時においては外壁仕上げ材の剥落を防止するとともに、ひび割れの発生を抑制します。

JKセライダー工法を動画でご紹介

特徴

耐震性

特殊アンカーピンはせん断力が強く、また、特殊アクリル樹脂には短繊維が入っているので、一般の透明なアクリル樹脂に比べ、引っ張りは2倍、引き裂きは7倍の強度があります。
東日本大震災、阪神大震災でもビクともしませんでした。

防水性・遮断性

長期にわたり優れた防水性を発揮、外壁からの雨水を防ぎます。
塩害、凍害、白華などを防ぎ、建物の長寿命化に貢献します。
また大気中の炭素ガスなどの侵入もシャットアウト!

美観性

特殊アクリル樹脂は“透明塗膜”で、タイル仕上げの高級な風合いを損なうことなく、美しく維持することが可能です。

省コスト

これまでの無色透明樹脂塗膜工法に比べ、50%のコストダウンを実現!タイル落下防止工法の中でもコストパフォーマンスに優れています。

10

10年長期保証制度

保証期間内は3・5・7年経過時の定期点検及び10年点検(有償)、また、震災時など緊急時の点検も実施します。
施工や点検にあたっては、研修を修了したJKセライダーライセンス取得者が実施します。10年目点検時には、さらに10年剥落防止性能の延長を見据えた各種点検・試験を実施し、施工後も安心の責任施工体制です。

※10年間6億円のPL保険(生産物賠償責任保険)が付いてきます。

標準仕様

工程   使用材料名 希釈(重量) 塗付け量(kg/m2 塗り回数 工程時間(時間) 塗布方法
1 下塗り JKシーラー 無希釈 0.1〜0.15 1 3以上24以内 ローラー塗り
吹き付け塗り
2 中塗り JKセライダー本剤 無希釈 0.4(1回目)
0.3〜0.4(2回目)
2 3以上24以内 ゴムベラ塗り
ローラー塗り
吹き付け塗り
3 上塗り JKトップ 無希釈 0.1〜0.15(1回目)
0.1〜0.15(2回目)
2 24以上
(最終養生)
ローラー塗り
吹き付け塗り

標準躯体・健全部
(標準仕様)

標準躯体・健全部 (標準仕様)

標準躯体・浮き部
(標準仕様)

標準躯体・浮き部 (標準仕様)

ALC版・浮き部
(標準仕様)

ALC版・浮き部 (標準仕様)

押出成形版・浮き部
(標準仕様)

押出成形版・浮き部 (標準仕様)

標準躯体・浮き部
(防水仕様)

標準躯体・浮き部 (防水仕様)

施工の流れ

施工工程

プレスダウングラウト工法

プレスダウングラウト工法は、耐久性を高めて美しい外観を保つ、安全な補修工法です。

アルミ製のフレームを取り付け、壁面にタイルを押し付けてから樹脂を注入する工法です。そのため従来の十中方法のように、タイルを押し上げる心配もなく、強い力で可能です。

また、注入が困難な50二丁タイル直張り仕上げの浮き補修にも最適です。他工法に比べ大幅に注入材を拡げることができることも特徴です。

プレスダウングラウト工法を動画でご紹介

特徴

意匠を損ねない

タイルを張り替えて意匠を損なうと資産価値の下落を招く恐れがあります。プレスダウングラウト工法ならタイルはそのままで補修が可能なので、意匠を損なうことはありません。
押さえ込みによるタイルのハラミや目地の破壊も防ぐことが可能です。

部分補修で効率的

タイルの浮きに合わせPDフレームを取り付けて注入できるので、全面対応の補修工法と比べて大幅に工期の短縮ができます。

従来の工法の問題を解決!

下地のない直張りタイル仕上げの改修など、従来のアンカーピンニング工法では対応できない施工が可能です。
注入時の圧力をフレームで押さえつけ、押し上げる力を防ぎ、樹脂を拡げる力に転嫁させる仕組みを利用しております。

10

10年長期保証制度

プレスダウングラウト工法には、10年の保証をお約束します。
工事にあたってはライセンスを取得した技能士による責任施工ですので、安心してお任せください。

※10年間6億円のPL保険(生産物賠償責任保険)が付いてきます。

施工の流れ

  • 事前調査
  • 補修範囲の確認(1)
  • マーキング(2)
  • 押さえ金具固定孔
    穿孔(3)
  • 押さえ金具取り付け
  • 注入孔穿孔(4)
  • 孔内の清掃
  • 注入
    ピンニング(5)~(7)
  • 押さえ金具の
    取り外し・仕上げ・養生
    清掃(8)
①
											打診検査で確認します。

(1)
打診検査で確認します。

②
											浮き状況を確認し補修範囲を決定します。

(2)
浮き状況を確認し補修範囲を決定します。

③
											PDフレーム固定孔を穿孔してフレー
											ムを取り付けます

(3)
PDフレーム固定孔を穿孔してフレームを取り付けます。

④
											所定の深さで注入孔を穿孔します。

(4)
所定の深さで注入孔を穿孔します。

⑤
											打診確認しながら注入します。

(5)
打診確認しながら注入します。

⑥
											注入孔に栓をして樹脂の戻りを抑え注入
											圧を維持します。

(6)
注入孔に栓をして樹脂の戻りを抑え注入圧を維持します。

⑦
											樹脂が落ち着いたら PD ピン又は全ネジ
											切りボルトを挿入します。

(7)
樹脂が落ち着いたらPDピンまたは全ネジ切りボルトを挿入します。

⑧
											ピンの上から目地を詰めクリーニング
											して仕上げます。

(8)
ピンの上から目地を詰めクリーニングして仕上げます。

PDピンニングエポキシ樹脂注入工法

PDピンニングエポキシ樹脂注入工法は、タイル張り仕上げまたはモルタル塗り仕上げの浮き部分をステンレス製特殊コンクリートビス「PDピン」の機械的固定力とエポキシ樹脂の接着力で固定する注入補修工法です。アンカーピンの浮き上がりがなくエポキシ樹脂の漏出を抑止するので、安定した工程と品質が確保できます。

PDピンニングエポキシ樹脂注入工法

特徴

注入材漏出の抑止

特殊加工形状の頭で内圧による注入材漏出を抑止します。

機械固定で浮き上がりなし

独自開発のステンレス製コンクリートビスを機械的に固定するので、内圧による浮き上がりがありません。

外壁表面の汚染を抑止

注入材漏出を抑止するので、外壁を汚染せず黄変しません。

施工後の手間を軽減

汚染の清掃やピンの後処理がないので施工後の手間が大幅に軽減され、工事の効率化と経費の節減につながります。

10

10年長期保証制度

PDピンニングエポキシ樹脂注入工法では、10年の保証をお約束します。
工事にあたってはライセンスを取得した技能士による責任施工ですので、安心してお任せください。

※10年間3億円のPL保険(生産物賠償責任保険)が付いてきます。

標準仕様

特殊コンクリートビス 「PDピン」

項目 摘要
材質 ステンレス鋼
サイズ 径 4mm 頭部径 4.5~4.8mm
コンクリート
引抜き耐力※
注入材なし 2,098N/本
注入材あり 5,076N/本

※ピン埋込み深さ 20mm

性状

アサボン弾性Gの性状

項目 性状
主剤 硬化剤
種類 変性シリコーン・エポキシ樹脂系接着剤
外観 白色ペースト 黒色液体
混合比(質量比) 主剤:硬化剤=10:1
密度(g/cm3) 1.27 1.01
粘度(Pa.s) 105 1
T.I値 6.0 -
混合後の粘度(Pa.s) 75
混合後のT.I値 6.0
指触乾燥時間(23℃) 360分
初期との増粘率(60分) 1.48倍

GNSピンネット工法

建設大臣認定
2,000物件、100万m2の施工実績が保全技術・技術審査証明書と建設技術評価証明書をW取得。
建築物の外壁補修技術「GNSピンネット工法」は鉄筋コンクリ―ト構造及び鉄骨鉄筋コンクリ―ト構造の建築物における外壁などの既存仕上げの上に、新たにネット補強下地層を構築して、タイルやモルタルなど既存仕上材の落下を防止する補修工法であることが証明されました。

GNSピンネット工法

特徴

“タイルonタイル”が可能

新規仕上げにタイル仕上げが可能なことが主な特徴です。鉄筋コンクリート構造及び鎖骨鉄筋コンクリート構造の建築物における外壁などの既存仕上げの上から、新たにネット補強や仕上げをするので、廃材が少なく環境に優しいです。

騒音が出ない

劣化した外壁である、タイルやモルタルなど既存仕上げ材を剥がすことなく、上から補強する工法なので、工事の際大きな騒音で周りの方に迷惑をかけません。

剥離・落下を防ぐ

壁面全体を覆うので、壁が落ちたり、ひび割れなどを抑制することが可能です。

15

10~15年長期保証制度

GNSピンネット工法には、10年の保証をお約束します。(最長15年)
工事にあたってはライセンスを取得した技能士による責任施工ですので、安心してお任せください。

※10年間6億円のPL保険(生産物賠償責任保険)が付いてきます。

施工の流れ

通常の施工(塗装仕上げ)

GNSプライマー塗布

穿孔位置の決定

GNSフィラーの下塗り+ GNSネット埋込み

GNSフィラーの下塗り+
                  GNSネット埋込み

GNSアンカーピン穿孔作業

GNSアンカーピン穿孔作業

GNSアンカーピン打
込み作業

GNSアンカーピン打
                  込み作業

GNSフィラー上塗り

GNSフィラー上塗り

新規仕上材の塗布
(塗装仕上げ)

新規仕上材の塗布

タイルonタイル仕上げ

  • 施工前

    二丁掛タイル
    吹付塗装
  • GNSネットを
    GNSフィラーPで下塗り

    GNSネットをGNSフィラーPで下塗り

    GNSネットを
    カット

    GNSネットをカット
  • GNSアンカーピン打ち込み
    GNSフィラーPを下塗り

    GNSアンカーピン打ち込みGNSフィラーPを下塗り

    GNSアンカーピンを
    1.5ポンドのハンマーで
    打ち込む

    GNSアンカーピンを1.5ポンドのハンマーで打ち込む
  • 弾性接着剤
    塗付け

    弾性接着剤塗付け

    弾性接着剤を
    クシ鏝にて施工

    弾性接着剤をクシ鏝にて施工
  • 新規タイル
    貼付け

    新規タイル貼付け

    タイル
    目地埋め

    タイル目地埋め
  • 施工完了
    50二丁タイル

    施工完了50二丁タイル

    施工完了
    50角タイル

    施工完了50角タイル

GNSアンカー工法

既存のタイルや下地モルタル浮きの有無に関係なく、特殊アンカーピン「GNSアンカーピン」をコンクリート躯体まで打込むため(4本/m2)、コンクリートとタイル・モルタルとをしっかりとつなぎとめます。

GNSアンカー工法

特徴

意匠を損ねない

専用のステンレス製アンカーピンにてタイル中央部を全面均等にとめることにより、外壁面全面の落下防止を行います。よって陶片浮きタイル・下地浮きタイルの張替は殆ど行う必要がありません。新築時と外装タイルの意匠性を変えずに施工できるので、建物価値の低下を軽減できます。

長期耐久性

アンカーピンはステンレスSUS304相当で耐食性に優れ、また外装タイルとコンクリート躯体を16本/m2つなぐため、長期耐久性に優れています。期待耐用年数は50年です。

臭気がない

施工時の臭気、騒音や埃が少なくて済みます。

施工の流れ

アンカー位置決め

1 アンカー位置決め

アンカー位置マーキング

2 アンカー位置マーキング

穿孔作業

3 穿孔作業

座掘り作業

4 座掘り作業

座掘り完了

5 座掘り完了

GNSアンカー挿入

6 GNSアンカー挿入

GNSアンカー打込み

7 GNSアンカー打込み

GNSアンカー打込み完了

8 GNSアンカー打込み完了

洗浄作業

9 洗浄作業

10

10年長期保証制度

GNSアンカー工法には、10年の保証をお約束します。工事にあたってはライセンスを取得した技能士による責任施工ですので、安心してお任せください。

※10年間6億円のPL保険(生産物賠償責任保険)が付いてきます。

お問い合わせ

10年 保証 無料 見積もり

無料相談・無料お見積のご依頼は
お気軽にお問い合わせください。

06-6318-0011

受付時間 9:00~18:00 【定休日】土日・祝

メールでお問い合わせメールでお問い合わせ(24時間受付)